Uゾーンのニキビの原因と治し方

Uゾーンニキビの原因と治し方

Uゾーンのニキビの原因

 

ニキビができやすいとされる顔の箇所として、
顎周辺のUゾーンと呼ばれる部分を挙げることができます。

 

なぜこのUゾーンにニキビができやすいのでしょうか。

 

Uゾーンにニキビができる原因というのは、
知っているようであまり知られていません。

 

漠然と、「皮脂が詰まっているのかな?」「アクネ菌っていうのが原因らしい」など、
あいまいな知識がある方も多いと思います。

 

Uゾーンにニキビができる原因はいくつかありますが、
代表的なものを紹介します。

 

まずはUゾーンを誘発している根本的な原因から解決しなければ、
再発に繋がってしまいます。

 

そのため、何がUゾーンニキビの原因なのかを把握しておく必要があります。

 

原因1:ホルモンバランスの乱れ

 

まず第一に、男性ホルモンが原因で、
皮脂の分泌量が増減しやすいためです。

 

体調の変化からホルモンバランスが崩れてしまい、
その影響がUゾーンのニキビの原因となります。

 

また思春期の場合には、もともとホルモンバランスの調整力が未熟です。

 

そのため皮脂が過剰分泌されやすいので、
Uゾーンにニキビがよりできやすいのです。

 

原因2:乾燥

 

皮膚の乾燥によって皮脂が過剰分泌してしまうことも、
Uゾーンニキビの大きな原因です。

 

皮膚が乾燥すると、それを改善しようとしてお肌の表面の角層はまず硬化します。
その結果、毛穴が塞がり、皮脂が詰まりやすくなります。

 

お肌が乾燥していると、バリア機能がうまく働かない状態になるため、
これを改善しようと皮脂の分泌を活性化させます。

 

つまり、余計に皮脂が分泌される為、毛穴はより詰まりやすくなります。

 

原因3:アクネ菌

 

毛穴に詰まってしまった皮脂は、原因菌であるアクネ菌の大好物。
アクネ菌が活性化すると、排出する分泌物が増えてしまいます。

 

この分泌物はお肌にとって大きな刺激になるため、
Uゾーンが炎症を起こし、ニキビの原因になるんです。

 

Uゾーンのニキビの治し方

 

こうしたUゾーンのニキビができてしまった場合には、
どういった治し方を実践すれば良いのでしょうか。

 

なるべくであれば、
高い効果のあるケア用品を使っていきたいところです。

 

中でも効果的な成分としては、以下のものが代表的です。

 

・保湿力の高いセラミド
・炎症とともにその原因となる皮脂を抑えるビタミンC誘導体
・肌の代謝を促すピーリング効果を持つAHAまたはサリチル酸

 

Uゾーンのニキビにお悩みの方は、
これらの成分を含む商品を専用のケアアイテムを使用するのがオススメです。